東京都府中市 不動産 売却 「シェルターへ」

query_builder 2022/01/03
ブログ

こんにちは&こんばんは!


2度目の離婚は簡単ではなかった。

色々あって、DV被害者の入る施設に入った。

長男は仙台の中高一貫校に居たので次男と施設に入った。

まさか自分がそういう施設にお世話になるとは夢にも思わなかった。

次男は小学1年生くらいだったが、施設に到着して直ぐ通された部屋に入ると、「ママ、ここは刑務所?」と聞いてきた。

刑務所に入ったことも無いのに何故分かるのか不思議だったが、確かに独房みたいだった。


洗濯機は有るものの、数は足りていないので時期を見計らわなければならなかった。

入浴の順番と1人1人の所要時間が決められていた。

1人で入居している人は間に合うが、次男を洗って自分が入るには時間が足りな過ぎた。

次男は昔から食べるのが遅かったので、決められた食事時間にも間に合わなかった。

まるで刑務所と同じだと思った。


良かったのは、ちょっとした図書室があり、時間はたっぷりあったので勉強できたこと。

DVや心理学、哲学、色々な本を読み漁った。


施設に入居している時に信託銀行の採用試験を受けた。

銀行は経験したし、三菱が好きだったので三菱に入りたかった。

銀行にはもう戻れないので信託銀行を受けるしかなかった。

施設では外部との接触を全て断ち切られていたのでお金も全く持っていなかった。

しかし、就職試験に掛かる交通費や経費は進んで出してくれた。

不思議だったのは、20人くらいの入居者で懸命に職探しをしていたのは私ともう1人赤ちゃんのいる人だけだった。

後は、離婚が成立していないから部屋を借りれないとか、住民票を移せないので就職出来ないとか、そのまま施設での生活を淡々と過ごしているようだった。


私は一刻も早く施設を出たかったので必死で就職活動や勉強をした。

幸い2度目の夫と住んでいた住宅は私の名義だったので既に離婚していた夫が出て行ってくれれば戻ることが出来ると言われた。

両親に協力してもらいなんとか元夫に退去してもらい家に戻ることが出来た。


もう二度とあの施設にお世話になることはない。

両親にはとても感謝している。


だいぶ待たされ諦めかけていた頃三菱UFJ信託銀行から採用通知が来た。

この時はまだ、自分の人生を最大に変えることとなる再就職とは思わなかった。


1人で2人の息子を育てることになったし、元夫2人から養育費は貰えなかった。

長男は仙台の私立中高一貫校で寮に入っていたのでかなりお金が掛かった。


株式相場の大暴落、2度の離婚、DV施設入居、色々な経験は私を強くしたが、逆に人にやさしくなれた。

大抵のことにも耐えられる自分に変わっていった。


記事検索

NEW

  • 東京都府中市 不動産売買 「祖父の残した遺言」第9話

    query_builder 2022/08/04
  • 東京都府中市 「祖父の残した遺言」第8話

    query_builder 2022/08/04
  • 東京都府中市 「祖父の残した遺言」第7話

    query_builder 2022/08/04
  • 東京都 府中市 不動産売買 「祖父の残した遺言」第6話

    query_builder 2022/07/21
  • 東京都府中市 不動産売買 「祖父の残した遺言」第5話

    query_builder 2022/07/18

CATEGORY

ARCHIVE