府中市 不動産売却 「三菱UFJ信託銀行」編その①

query_builder 2022/01/12
ブログ

こんにちは&こんばんは!


約3カ月程掛かった採用通知は感無量だった。

信託銀行の経験は無かったし、やはり銀行が一番性に合っていたからまた仕事が出来る喜びに胸が高なった。

流石大手、研修も充実しており、社内全体に世高さと余裕を感じた。

銀行のように殺伐としていなかったし、社内を走り回ったり時間に追われて必死感満載の人は殆ど居なかった。


入社当初一番苦労したのが鬼門の事務処理。

事務担当は居たが、基本的に完璧な書類を仕上げたものをあくまでもチェックするだけという立ち位置。

大量の必要書類がどこに入っているのか、初めて記入する書類の書き方など分からないことだらけ。

銀行と言っても、同じ三菱グループでも全てが違った。


4月に入社し、9月までは研修や内部での作業等を行った。

10月から担当地域を任され、前任者から引き継ぎがれたお客様を1件1件ご訪問した。

銀行と違い、担当地域が広かったので車は必須だった。

ナビがまだ車載されてなく、地図で調べながら時間に追われてのご訪問。

なかなか大変だった。


初めてお会いするお客様ばかりだからとても緊張した。

何かしらのご成約を頂き帰社しても煩雑な手続きが待っていたので素直に喜ぶことも出来なかった。

やはり飲み込みが悪かったので感性でこなせた営業と真逆で事務処理は大変だった。

営業の先輩方に教えて頂き、何とか乗り越えたが後に事務の方に「最初利奈さんはどうなることかと思いましたよ」と言われた。


最初は前任担当者と比べられたり、クレーム処理も多かったが3カ月目くらいから大きな契約を頂けるようになった。

お客さまとも信頼関係を築けて行き、ご家族ですらお話出来ないような内容のご相談も頂くようになっていった。

わたしも育てられ、様々な経験の中で後にやってみたい仕事がふつふつと芽生えていくのを実感した。


職場の人間関係も色々あったが今となっては全て良い思い出。

仕事の出来る優秀な社員が多かった。

話し方も論理的で、それを求められた。

それらの経験も今私の中にキチンと息づいている。



記事検索

NEW

  • 東京都府中市 不動産売買 「祖父の残した遺言」第9話

    query_builder 2022/08/04
  • 東京都府中市 「祖父の残した遺言」第8話

    query_builder 2022/08/04
  • 東京都府中市 「祖父の残した遺言」第7話

    query_builder 2022/08/04
  • 東京都 府中市 不動産売買 「祖父の残した遺言」第6話

    query_builder 2022/07/21
  • 東京都府中市 不動産売買 「祖父の残した遺言」第5話

    query_builder 2022/07/18

CATEGORY

ARCHIVE